ほうれい線たるみ 原因と対策

たるみやほうれい線は年齢を重ねるとお肌に現れるエイジングサインです。たるみやほうれい線の原因を知ることでどのように対策していけばいいのかがわかると思います。
MENU

たるみやほうれい線の原因と対策について考えましょう!

 

30歳を過ぎると徐々にエイジングサインがお顔に現れ始めます。
例えば、
ほうれい線やゴルゴ線やにフェイスラインのぼやけ。

 

もっと進むとマリオネットライン(口もとから顎にかけてでるライン)や
目尻にできるシワが深くなったりします。

 

最初にエイジングサインが現れ始めるととても気になってしまいます。
私はほうれい線が気になってしかたがありません。
鏡でほうれい線を見ないようにしても何の解決にもなりません。
やはり、なぜたるみやほうれい線ができてしまうのかを知ることで
どのような対策が効果的なのかがわかります。
たるみやほうれい線の原因と対策について考えましょう。

 

たるみやほうれい線の原因

 

たるみの主な原因

 

  • 肌の弾力を左右するコラーゲンやエラスチンの減少
  • 乾燥

 

 

ほうれい線の原因

 

頬にたるみができるとほうれい線が深くなります。
ここで知っておきたいことは、ほうれい線は「シワ」ではありません。
加齢によってコラーゲンやエラスチンの量が減って頬が垂れ下がることによって目立ってしまう
頬と上唇の「境界線」です。

 

 

たるみやほうれい線ケアの基本

 

たるみケアの基本は
保湿と紫外線対策とマッサージです。

 

お肌が乾燥するとバリア機能が低下して外的刺激に影響されやすくなり炎症を起こしがちになります。
また、毛穴も開いてしまい角栓や黒ずみの原因にもなります。
紫外線に関しては、1年を通して対策が必要です。
紫外線はお肌の乾燥にも大きく関係しており、加齢の原因にもなっていますのでしっかり防いでくだい。

 

 

ほうれい線ケアにはマッサージや顔の筋肉を鍛えることがおすすめです。

 

マッサージ
リンパや血液の流れをスムーズにする効果があります。
肌の引き締めやリフトアップ効果が期待できますので継続して行ってください。
顔全体から耳のうしろまで老廃物を流すことで
フェイスラインがすっきりして小顔効果もあります。

 

顔の筋肉は使わないと衰えてしまい
たるみの原因になりますので日頃使わない表情筋を使うようにしましょう。
「ま・い・う〜」と大きな口で言えば頬の筋肉を鍛えられるとTVで見たことがあります。

 

ほうれい線はたるみによって引き起こされるので
たるみ解決に向けて保湿・顔の筋肉を鍛える・マッサージを継続して行いましょう!!

 

ビーグレンのマッサージ美容液はおすすめです!

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ