ビーグレン キューソームという最新技術

ビーグレンの独自の浸透技術はだれもが認める実力。キューソームというその技術を紹介します。
MENU

ビーグレンのキューソームってそんなにすごいの?

 

QuSomeR(キューソーム)は、
ドラッグデリバリーシステム(DDS)の第一人者ブライアン・ケラーによって開発された、ビーグレン独自の浸透テクノロジー。

 

美容成分を角層の奥まで届けると同時に、肌の中に長時間とどまり、効果を持続させます。

 

 

医療現場で使われていた技術だったの?

 

そう。
麻酔などに使われている肌の奥まで成分が浸透するキューソーム。
ビーグレンは医療用技術が応用された世界的にも数少ないサイエンスコスメなんです。

 

たとえば、歯医者の麻酔で、最初に麻酔を表面になじませてから注射をすると痛くないですよね。
あれは、歯茎の表面から内部に麻酔が浸透しているから。

 

その技術を開発したのがビーグレンのHPに載っているケリー博士なんです。

 

 

それを応用したのが「ビーグレン」なんです。

 

日本の化粧品でキューソームほど浸透力に優れた技術を使って製造しているメーカーは今のところはないそうです。
美白ケアやニキビケア、エイジングケアの効果と即効性は他のスキンケアに比べて郡を抜いていると言えるでしょう。

 

キューソームのメリット

 

肌になじみやすいので、早く効く

 

安定的に、効果を発揮する安定的に、効果を発揮する

 

必要としている箇所に、確実に届く必要としている箇所に、確実に届く

 

しっかり留まるので、効果が持続するしっかり留まるので、効果が持続する

 

どんな成分もお肌の奥に浸透しないのでは意味がありません。
ビーグレンはその点をしっかりクリアしたスキンケアブランドですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ